<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

e0051200_6243346.jpg

娘がまた不思議なコトを言い出した。
「ねぇ、ぴんいろって知ってる?」
ピンク色のこと?
「違う、アレ!キラキラしてるやつさ!」
…?金色のこと?
「ちがうって、アレ!お母さんにもらったやつのキラキラしたやつ!」
…??
さっぱりわからないまま会話は終了していたのだけれど
少ししてからセールのお知らせの葉書を手に「コレさ、コレ!」
…?
「ぴんいろ!」
…あぁ~!
それはピンクのキラキラした色のコトでしたよ。
確かにその葉書が届いた時、娘がコレ欲しいな~。と言うのでどーせセールには行けないし、まぁ、いーかとあげたんだった。
金色は黄色のキラキラで銀色は灰色のキラキラで…?
ピンクのキラキラはぴんいろってコトらしい。

ピンク、キラキラ、ハート、が彼女の大好きキーワードです。
物選びの基準はいかにピンクの分量が多いか。が、ポイントらしい。乙女だねぇ~
[PR]
e0051200_6583880.jpg
素敵な「かおり」を持っている人にあこがれます。
自分で自分のにおいってわからないもの・・・。
たまに「この人、いつも良い香りがするな~♪」という人に出会う。
香水の香りともまた違うような、ふんわりとしたかおり。
でも、いつも同じ香りを漂わせている。

ワタシはどうも、髪もだいたい短目にしているせいか
シャンプーの香りなんかも漂わないたちらしい。
夫にも「お前ってにおいしないな」(←よくもわるくも)と言われたことがある。
どうやったらいつも、ふんわりとしたよいかおりを漂わせることができるんだろう・・?

以前、まだ子供がいない頃にもかおりに取り組んだ事がある。
その時に出会った一番自分に合っていると思う大好きな香りは香水では無かった。
それは「植物物語」という普通の石鹸。
コレを洋服などが入っているたんすに入れておくと、ふんわりとした良い香りがつく。
そうやって、かおりを楽しんでいたらある日
スーパーで知らない女性に声をかけられた。
「あの、突然すみません。香水なにか付けていますか?」
内心、えぇ~?!!と思った。
「とっても好きな香りなので、教えてもらいたいんですけど」と。。。
その頃、使っていた香水は「クリニークのハッピー」だったけれど
この方が感じた香りはきっと「植物物語」に違いない・・・・
迷ったけれどワタシは正直に両方の名前を教えてあげた。
「きっとこのスーパーにもその石鹸ありますよ」
でも、その方は「クリニークのハッピー」をインプットして帰った様子でした(^_^;)

今の家に住んでからは「たんす」に洋服をしまうという
習慣がなくなったため石鹸作戦は収束。。

e0051200_65447100.jpg
一番好きな香りの香水はレイジースーザンで買ったもの。

たしか鈴蘭の香りとかのイメージじゃなかったかな?
かなり前に買ってもう残りもわずか。
保存状態も悪いので香りもだいぶ飛んでしまったような(悲)

子供が産まれてから香水はほとんどつけていなかったけれど
また、お気に入りの香りつけてみようかな。と思う今日この頃。
[PR]
家の中の新しいものに敏感な娘。
ちょっと前までは新しいものを見つけると「これ買ったの?」と聞いてきていた。
それが、最近は「これ作ったの?」と聞いてくることが増えてきた。
なぜか「作ったの?」と聞かれると、ちょっとうれしい気持ちになります♪
(たまに作ってないものまで、作ったと思い込んでいる時もあるケド(^u^))

ワタシの母もワタシが子供の頃、着るものを作ってくれたり
ちょっとリメイクしてくれたりしていた。
母がミシンを踏んでいる部屋に進行具合をチェックしに行くのが好きだった。
そんな母の姿を見ていたから、ワタシも一枚の布が何かに変わっていくこととか
少し気に入らない服もちょっとリメイクすることでお気に入りになることとか
そういうことが楽しく感じられるようになったんだろうな~と、思う。
看護婦をしながら3人の子育てをしていた母はけっして時間がたくさんあったわけではないのにお菓子やパンもよく作ってくれた。
(作ってくれた事が印象に残っているだけで実際は「よく」作っていたわけではないかも・・)
だから、ワタシもお菓子やパンを作りたいという気持ちになった。

娘にも、作ることの楽しみを感じてほしいな。
多分、手先が器用ではなさそうな娘だけど、ミシンには興味津々。
母がそうしてくれたように、大きくなったら娘にミシンを買ってあげたいな。

話は変わって、先日いつものようにお風呂に入りながら
娘のお気に入り番組「NHK今日の料理」を見ていた。
講師はワタシの(料理の)心の師匠ケンタロウさん。
ワタシ 「あ!今日ケンタロウだ!(嬉)」
 娘 「ケンタロウなんて好きじゃない!(怒)」
ワタシ 「え~!お母さん好き~。だってケンタロウさん料理上手だよ~
      おいしいんだよ~」
 娘 「お母さんのほうがおいしい!!」
ワタシ 「お母さんの料理、ケンタロウさんのまねしてるんだよ~」
 娘 「?!!!!違うっっ!!!(マジ怒)」
なにが、そんなに気に入らなかったのか・・・・。TVは消されてしまいました(悲)

               
         
                 週末作ったものもうひとつ。
e0051200_3403575.jpg

          ティッシュカバーです。また黒をちょこっと使いました。
[PR]
週末、少しだけミシンの時間がとれた。
先週作って失敗に終わったので、もう一度鍋つかみを作ってみた。
今回はうまいこと作れたので、one dayに出せそうデス♪
e0051200_6401782.jpg

           最近は黒との組み合わせが好きみたいだな。
[PR]
昨日やっと先日のOWN WAY CAFEさんのイベントに出品したもの達を
引き取りに行ってきた。
思ったよりもすごくたくさんお買い上げしていただいていて
帰ってきた子は一つだけだった。
それも、作って自分ですごく気に入ってしまい(売れなくてもいいな。。)と
思いながらタグ付けをした、この子が帰ってきました!
e0051200_6462915.jpg

自分がこんなに気に入っていたものを
誰も気に入ってくれなかったというのは本当は残念なことなんだけど
また、ワタシのところに帰ってきてくれて正直、ウレシイ(^u^)
今日からは自分のバッグとして使わせてもらいます♪ウレシイな♪

そして、やっとミシンの時間もとれて、久しぶりにつくってみたのは
鍋つかみです。
e0051200_6511340.jpg

なんか、シンプルにつくりたくて、こんな感じにしたんだけど
縫い目の感じとか、出来がいまいちで、これは試作となりました。

ミシンて継続してやってないとなんだか勘が鈍るというかうまいこといかなくなる。
道具のせいにするわけではないけど、新しいミシンだったら
もっとキレイに楽に縫えるんだろうな~なんて思ったりも。
だけど、20年のお付き合いのこのミシンを大切に使いたいという気持ちも大きくて。

でも、ミシンはともかく、ミシン台になる机が欲しい今日この頃。
中途半端な座卓の上にミシンを置いているため、立ちひざでミシンがけの日々。
なぜか、たくさんミシンをかけた翌日は太ももの裏が筋肉痛になります(^_^;)
なんとかしたいな。。。
[PR]
リフォームの産物の残り板で夫が念願の飾り棚を作ってくれました!
白くペイントした板に黒い棚受けでシンプルに仕上げました。
e0051200_23102910.jpg

やっぱり、雑貨はステージあってこそ映える!
棚を付けてもらって、家族が寝てから一人でにやにやと雑貨を飾ろうと企んでいたら
夫に「せっかく作ったんだからなんか置いてみてよ」と言われてしまった。
仕方なく、試しに適当に置いてみたら、なんだか可愛いじゃないの~♪
今まで、何飾ってもパッとしなかったのに、棚の威力ってすごいわ~
少しずつ部屋も片付いてきたので、これから一人ニヤニヤしながら雑貨を飾っていこうと思います^m^
e0051200_23171786.jpg
            ちょっと違った角度からも。でへへ。(^u^)
[PR]
リフォーム、片付けどころか、そういえばまだ終わっていない部分がありました。
今回、新築当初から不満だった物入れの扉も取替えたのです!
扉はとっくに出来上がっていたのですが、取っ手を付けていなくて・・・。
昨日、やっと夫が取り付けてくれ、めでたく完成~♪
e0051200_6585728.jpg

扉だけ付けたときは、なんとなく珪藻土の白と、扉の白の相性が悪く感じて
失敗だったかな(汗)と思ったけど、こちらでシンプルなアイアンの取っ手を見つけたので購入し、取り付けてみると、なかなかいい感じに仕上がりました(^^)
物入れの完成で、今日からは片付けもはかどる!はず・・・。


夫が取っ手を付けたり作業をしている間、子供達をつれて桜を見に行ってきました。
手稲の軽川というところに、たくさんの鯉のぼりと桜並木があるというので
行ってみたのですが、軽川にはまだ桜は見当たらず
その近くにある旧軽川(今は全く川は流れていない)に
きれいな桜並木がありました!
住宅街のなかにある桜並木は、さすがにお弁当広げてお花見とは行きませんが
とても雰囲気がよく、楽しい散歩コースという感じでしたよ~。
e0051200_794953.jpg

                     ここの桜は満開でした!


そして、やっとミシンを少しだけ再開することができました。
作ったのは、お友達から頼まれていたスタイ。
以前に作ったものと同じタイプなのですが、やっと作れました!
しかし、こんなんで、次のone day shopの作品作れるだろか・・・。
いやいや、頑張る!!
[PR]